滞在アーティスト

前へもどる

滞在期間:2016/3/18(金)~2016/4/13(水)

Tabaimo 束芋

日本

現代美術作家

現代美術作家。1975年生まれ。99年アニメーションを用いたインスタレーション作品『にっぽんの台所』でキリン・コンテンポラリー・アワード最優秀作品賞受賞。以後2001年第1回横浜トリエンナーレを皮切りに、11年には第54回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表作家に選出される等、数々の国際展に出品、注目を集める。
近年は舞台でのコラボレーションも展開。12年浜離宮朝日ホール20周年記念コンサートでパスカル・ロジェと映像と音楽のコラボレーション、杉本博司脚本・演出の人形浄瑠璃『曾根崎心中』へのアニメーション参画など多岐にわたる。現在、サンノゼ現代美術館で個展『Her Room』を開催中(8/21まで)。また秋にはシアトル美術館での個展も予定長野県在住。

INFORMATION

映像芝居『錆からでた実』試演会
4月10日(日)16:30~
詳細は→こちら

© 2013 Kinosaki International Arts Center