滞在アーティスト

前へもどる

滞在期間:2016/10/10(月)~2016/10/31(月)

Yasuko Yokoshi 余越保子

日本

振付家

振付家。広島県出身、京都在住。1996年より NYをベースに作品を発表。2003年と06年にベッシー賞を連続受賞。日本の文学、歴史、ポップカルチャーを題材にしたダンス作品の他、 日米のティーンエイジャーとの共同制作「余越保子×高校生ダンスプロジェクト」、ダンス映画の制作など創作活動は多岐にわたり、アメリカ 国内各地での公演の他、国外からの招聘も多い。 New York Live Arts主催レジデンシー・プログ ラム 2011-13年度レジデント・コミッション・アーティスト。13年に「踊りに行くぜ!!」II(セカンド)vol.4にて制作された『ZERO ONE』は、これまで鳥の演劇祭7(鳥取/2014)、Danspace Project(NY/2015)などにて上演。NYでの上演は、NYタイムズ紙「The Best Dance of 2015」に選出された。

INFORMATION

余越保子『ZERO ONE』試演会
10月29日(土)19:30~@城崎国際アートセンター
詳細は→http://kiac.jp/jp/events/3458

© 2013 Kinosaki International Arts Center