滞在アーティスト

前へもどる

滞在期間:2014/7/17(木)~7/30(水)

Shuji Onodera 小野寺 修二

演出家

演出家。カンパニーデラシネラ主宰。日本マイム研究所にてマイムを学ぶ。95年〜06年、パフォーマンスシアター水と油にて活動。その後文化庁新進芸術家海外留学制度研修員として1年間フランスに滞在。帰国後、カンパニーデラシネラを立ち上げる。作品はマイムの動きをベースに台詞を取り入れた独自の演出で、世代を超えた観客層の注目を集めている。主な作品として、『あらかじめ』(11年青山円形劇場)、『オイディプス』(11年静岡芸術劇場)、『カラマーゾフの兄弟』(12年新国立劇場)等。
また、ダンストリエンナーレトーキョー2012にて『ロミオとジュリエット』、瀬戸内国際芸術祭2013にて屋外劇『人魚姫』を発表するなど、劇場内にとどまらないパフォーマンスにも積極的に取組んでいる。
近年は、音楽劇や演劇などで振付の担当もしている。『叔母との旅』(松村武演出)ステージング、『ハーパー・リーガン』(演出長塚圭史)の振付にて、第18回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞受賞。

INFORMATION

Dance New Air 2014参加作品『赤い靴』演出・出演。

関連プログラム↓小野寺修二×片桐はいり トークショー
http://kiac.jp/jp/events

© 2013 Kinosaki International Arts Center