滞在アーティスト

前へもどる

滞在期間:2019/6/8(土)~2019/6/18(火)

Jean Lambert-wild ジャン・ランベール=ヴィルド

フランス

劇作家・演出家・俳優

1972年、南インド洋に位置するフランス海外県・レユニオン島生まれ。劇作家・演出家・俳優。特異な風土で培われた詩的想像力と、魔術的演出術が高く評価され、異例の若さでフランス各地の国立演劇センターの芸術監督を歴任。代表作に、偽自伝的作品群である『ヒュポゲウム(墓)』、ブラジルの原住民と制作した『脱皮』、『ゴドーを待ちながら』等。近年ではスイス人演出家ロレンゾ・マラゲラとの共同演出という形で自作にも精力的に出演しており、前出の『ゴドー』ではラッキー役を務めたほか、リチャード三世やドン・ジュアンなども演じている。2014年フランス芸術文化勲章シュヴァリエ受賞。日本ではこれまで『スガンさんのやぎ』(11年)、『ジャン×Keitaの隊長退屈男』(14年)、『リチャード三世 ~道化たちの醒めない悪夢~』(18年)をいずれもSPACにて上演。

photo: Tristan Jeanne-Valès

INFORMATION

青年団国際演劇交流プロジェクト『ジャン×Keitaの隊長退屈男』
2019年6月17日(月)19:30~

© 2013 Kinosaki International Arts Center