滞在アーティスト

前へもどる

滞在期間:2019/11/7(木)〜11/17(日)

Kumotaro Mukai 向雲太郎

振付家、舞踏家

1994年大駱駝艦に入団。舞踏家・麿赤兒に師事。2001年より振付・演出作品の発表を開始。これまでに18作品を発表、国内8ヶ所のほか、海外5カ国11ヶ所で作品を上演。2012年大駱駝艦を退団独立。2014年『ふたつの太陽』にて“デュ社”を旗揚げ。2015年デュ社公演『春の祭典』、2016年ソロ公演『舞踏?プレゼンテーション・ショウ』、デュ社公演『ぴちがい裁判』を行う。2018年メキシコにて『ふたつの太陽』を再演。舞踏とは何か?新しい舞台表現とはどういうものか?と問いながら、面白いということにこだわり作品を創り続けている。また日本国内はもとより、世界各地でも身体への様々なアプローチを試みるワークショップを開催している。

INFORMATION

向雲太郎 滞在制作

© 2013 Kinosaki International Arts Center