滞在アーティスト

前へもどる

滞在期間:2019/12/19(木)~2019/12/27(金)

Yasuko Yokoshi 余越保子

日本

演出家・振付家・映像作家

広島県出身。1996年よりNYをベースに活動、2013年に拠点を京都に移す。2003年と2006年に2度のベッシー賞(最優秀作品部門)を受賞。日本とアメリカの文学、歴史、ポップカルチャー、伝統芸能を題材にしたダンス作品の他、ティーンエイジャーとの共同制、本の出版、映画の自主制作など、創作活動は多岐にわたる。2014年に発表した『ZERO ONE』はJCDN「踊りに行くぜ!!」Ⅱの国内巡回公演とKIACでのレジデンシーを経て、NYのダンススペースプロジェクトで英語バージョンが上演され、2015年度ニューヨークタイムズ紙の批評家が選ぶダンスベストテンに掲げられた。その後、TPAM 2017のディレクションプログラムにて上演された。

INFORMATION

NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
【Dance Camp vol.3 クリエイション&ダイアローグ・ワークショップ byディーン・モス&余越保子】
成果発表とトーク

2019年12月26日(木)19:00~

© 2013 Kinosaki International Arts Center