滞在アーティスト

前へもどる

滞在期間:2020/11/7(土)〜11/26(木)

Hokuto Kodama 児玉北斗

日本/京都

振付家・ダンサー

2001年より、アルバータバレエ、レ・グランバレエ・カナディアン、ヨーテボリオペラ·ダンスカンパニー、スウェーデン王立バレエなどで活動。マッツ・エック、アレクサンダー・エックマン、ヴィム・ヴァンデケーブスなどの創作にて主要な役を務めた。JAPON dance projectメンバーとして2014年と2016年の新国立劇場主催公演にて振付・出演、2017年にトーキョーワンダーサイト本郷で初のソロ公演『Trace(s)』を発表した。日本でバレエ一家に生まれ、国際的にダンサーとして活動してきた自身の経歴をバックグラウンドに、主体・身体・権力とコレオグラフィーの連関について、当事者的な問題意識を基盤とした作品を制作している。2018年ストックホルム芸術大学修了、芸術学修士(振付)。現在は立命館大学先端総合学術研究科博士課程に所属し、京都を拠点として研究·舞踊活動に取り組む。

INFORMATION

児玉北斗 新作ダンス作品『Pure Core』試演会
2020年11月21日(土)19:30~

© 2013 Kinosaki International Arts Center