公演・イベント

前へもどる

仕事に参加する

イベント日程:2016/1/22(金)~2016/1/25(月)

全国児童・青少年演劇協議会
「児童演劇わいわいスクール」

2015/11/06

城崎国際アートセンターにて、全国児童・青少年演劇協議会による「児童演劇わいわいスクール」が開催されます。

~子どものためにお芝居をしている人たちが全国から集合!あなたもいっしょにカラダとアタマをほぐしませんか?~
ピエロやパントマイムの体験プログラム、児童演劇を学ぶ講座など、どなたでも参加できます!
この機会に子どもと演劇について考えてみませんか?下記プログラムの参加者を募集中です。

◆一般参加者募集プログラム
①ピエロワークショップ
 「出来ないことを魅力に変える!」

欠点やコンプレックスをピエロ流に明るく笑い飛ばしましょう!

②人形劇ワークショップ
 「図形で遊ぼう」

モノを基点にした、想像力を使っての表現遊びを体験。

③パントマイムワークショップ
 「言葉を超えるファンタジー」

パントマイムの基本を初心者の方にもわかりやすく指導。

④「子どものために手をつなぐ~いま、親、学校そして大人ができること」講演会
子どもの発達とは?子どもの成長とは?保護者と教師が手を取り合い子どもの成長を喜び合うにはどうしたらよいのか?

⑤「人形劇の海外論文を読むin城崎」セミナー
参加者には事前に指定の3つの論文を読んでいただきます。いずれも長い論文ではありません。

⑥リーディングワークショップ「平和のための群読」
「少し昔の広島のお話」ほか、3つのお話を参加者みんなで読みます。

◆日時:
①② 1月22日(金)18:00-20:30
③⑤ 1月23日(土)10:00-12:30
④  1月24日(日)13:00-15:00
⑥  1月24日(日)15:30-18:00

◆会場
城崎国際アートセンター

◆料金:
①②③⑥は無料、④⑤は500円

◆定員:
①~③・⑤⑥は20名、④は100名

◆一時保育:
ご希望の方は、1月11日(月)までに城崎国際アートセンターへお電話でお申込みください。
(対象:満一歳六ヶ月〜就学前までのお子様)

◆参加申込:
電話またはメールで申込
①参加希望プログラム、②代表者氏名、③人数、④連絡先をお伝えください。

城崎国際アートセンター
TEL 0796-32-3888(受付9~17時 火曜休館)
e-mail info@kiac.jp


児童演劇わいわいスクール チラシ

※全児演とは?
全国児童・青少年演劇協議会(略称=全児演)は、児童・青少年演劇に携わる劇団・個人(プロ・アマチュアとも)、演劇教育に取り組む教師などを中心に大阪で生まれました。現在は全国で団体・個人計125名の加盟を数え、全国7つのブロックごとにそれぞれが地域の特色を生かしながら活動しています。全児演総会は年に一度お互いに交流する場としてありますが、今総会は学びの場として、主に若手~中堅層のスキルアップを図るとともにその姿を公開し、子育て中の方や保育関係の仕事に携わる方、児童・青少年の発達心理専門の学者と語りあう場を設けます。

全児演 紹介ページ

INFORMATION

<同時開催!>
旅する学校
・・・児童青少年演劇の専門家を育てるための全4回のワークショッププログラム。児童青少年演劇を志す人を主な対象としていますが、一般の方も参加可能です。

①~④すべて参加無料

旅する学校① 
日程:1月22日(金)13:00-16:00
講師:ふじたあさや(アシテジ世界副会長 児演協理事 日本演出者協会元理事長)
~世界からぼくらの演劇はこう見える。そして日本語の達人になる早道~
定員:20名

旅する学校② 
日程:1月23日(土)9:00-12:00
講師:大谷賢治郎(演出家 アシテジ日本センター理事)
~からだと呼吸と声がやっていることを一致させること、それ俳優の原点なり~
定員:20名

旅する学校③ 
日程:1月25日(月)9:00-12:00
講師:原田亮(サンフランシスコ州立大学芸術学部演劇学科卒)
~舞台の上で輝くしなやかで強靭な身体表現とは。カラダを知るワークショップ~
定員:20名

旅する学校④
日程:1月25日(月)13:00-16:00
講師:信太美奈(歌手 桐朋学園短大教授 昭和音大講師)
~感情から声を出すときの身体の反応は?それを歌にするには?~
定員:20名


※旅する学校についてのお問い合わせは、
全児演 TEL:06-6685-5601(人形劇団クラルテ内)まで。

© 2013 Kinosaki International Arts Center