公演・イベント

前へもどる

作品を観る

イベント日程:2016/11/19(土)14:00、2016/11/20(日)14:00

てがみ座『燦々(さんさん)』豊岡公演
Toyooka Art Season 2016参加事業

2016/10/04

江戸後期、黒船が泰平の眠りを覚ます少し前————。
お栄は鬼才の絵師・葛飾北斎を父に持ち、物心つく前から絵筆を握ってきた。
幼い頃から北斎工房の一員として、男の弟子たちにも引けを取らずに、代作もこなし枕絵も描いてきた。けれど本物の絵師になりたいと肝を据えたとき痛感する。北斎の影から逃れ、自らの絵を掴むには、女である自分を受け入れ、見つめなくてはならないと。
折しも出島からシーボルト一行がやってきて北斎工房に大量の絵を発注する。
百枚の肉筆画を西洋の画法で描くようにと。
絵師たちに新たな風が吹きつける。お栄は、自らの光と闇を見出そうと挑んでいく……。
 
北斎の異才を受け継ぎ、のちに『夜桜美人図』『吉原格子先之図』を描き出すお栄(応為)、その青春期の物語。


東京を拠点に活動するてがみ座による浮世絵をテーマとした新作演劇『燦々(さんさん)』の豊岡公演。
9月に城崎国際アートセンターにて滞在制作を行い、11月3日~13日の東京公演を経て、地元のエキストラが出演するなど豊岡バージョンとして改稿して上演を行う。
滞在制作期間中には、公開リーディングや一部シーンを抜粋したショーケース、作家・演出家・美術家を交えたトークを実施した。

脚本:長田育恵
演出:扇田拓也
出演:三浦透子、加納幸和(花組芝居)、石村みか、福田温子、箱田暁史、岸野健太、横山莉枝子、実近順次、中田春介、伊東潤(劇団東京乾電池)、速水映人、中村シユン


■日程(全2ステージ)
2016年11月19日(土)~20日(日) 
11月19日(土)14:00
11月20日(日)14:00
受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前


■会場
出石永楽館
〒668-0234 兵庫県豊岡市出石町柳17-2
TEL 0796-52-5300


■チケット料金
日時指定・全席自由・整理番号付き
前売・予約・当日共
一般=2,500円/学生・シニア(65歳以上)=2,000円/
高校生以下=1,500円
※学生・シニア、高校生以下の方は、当日受付にて学籍、年齢を示す証明書を提示してください。


■託児サービス(無料)
11月11日(金)までに城崎国際アートセンターへお電話でお申込みください。
対象:満1歳6ヶ月から就学前までのお子様


■チケット販売開始日
2016年9月17日(土)

■チケット取り扱い
【城崎国際アートセンター】
[電話予約] 0796-32-3888(9:00-17:00 火曜休館)
[オンライン予約]KIACオンライン予約フォーム
[窓口販売]城崎国際アートセンター、出石永楽館、豊岡市民会館、豊岡市民プラザ、出石文化会館(ひぼこホール)、豊岡市立図書館本館・但東分館、城崎・竹野・日高地区公民館


■お問い合わせ
城崎国際アートセンター
0796-32-3888(9:00〜17:00 火曜休館)
info@kiac.jp


□関連プログラム
『燦々』公開リーディング&トーク
日時:9月22日 19:30~
会場:城崎国際アートセンター

INFORMATION

美術:杉山至+鴉屋
照明:佐藤啓
音響:笠木健司(クロムモリブデン)
映像:浦島啓(コローレ)
衣装:阿部美千代(MIHYプロデュース)
ヘアメイク:奥野展子
演出助手:大野裕明(花組芝居)
舞台監督:杣谷昌洋
イラスト:五十嵐大介
題字:髙橋藍夏
宣伝美術:鈴木勝(FORM)
制作:有本佳子(プリエール)、和田幸子、新居朋子

主催:《豊岡公演》城崎国際アートセンター(豊岡市)
助成:《豊岡公演》平成28年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業

© 2013 Kinosaki International Arts Center