公演・イベント

前へもどる

イベント日程:2017/2/11(土)14:00~、3/4(土)14:00~

KIACワークショップ・シリーズ
「老い」と「障害」
-生活にとり入れてみるアートの発想-

2017/02/03

城崎国際アートセンター(KIAC)では、舞台芸術やアートをより身近に感じていただくための参加型プログラムとして、KIACワークショップ・シリーズを開催します。

年配の方と一緒に演劇の創作活動をされている菅原直樹さん、障害のある方と一緒に音楽の創作活動をされている沼田里衣さんをそれぞれ講師としてお招きします。お二人に共通するのは、メンバーの特徴や個性を活かして柔軟に発想しつつ創作活動を展開されている点です。
演劇・音楽・ダンスといった、ともすれば普段の私たちの生活とは直接的な関係が見えにくいアートですが、その発想は日常生活の中で、ささやかな力として活用できるかもしれません。
そのようなアートの力をぜひ体験してみてください。
KIAC WORKSHOP SERIESチラシ


Case1:老いと演劇
~認知症の人と“いまここ”を楽しむ~

※大雪の影響により開催を中止とします。(2/11)
認知症の人との関わり方を演劇体験を通じて楽しく考えます。
認知症の症状を正すのではなく、「演技」で自然に受け止める。介護現場に演劇の知恵を活かして、認知症の人と「いまここ」を楽しみましょう!
演劇・介護経験は問いません。お気軽にご参加ください。
・日時:2月11日(土)14:00~16:00
・講師:菅原直樹 「老いと演劇」OiBokkeShi 主宰
・対象:介護や演劇に関心のある方(経験は問いません)
・定員:30名程度


Case2:障害と音楽
~言葉ではない摩訶不思議なコミュニケーションを体験!~

知的な障害のある人たちを含む即興音楽大集団「音遊びの会」の予定調和を許さない、その音楽性は、見る者を釘付けにします。
主宰の沼田さんや音遊びの会のメンバーの何人かと一緒に音を出すワークショップを行います。
難しく考えずに一緒に音を出してみましょう!音遊びの会の持つエネルギーと摩訶不思議な空気感を体験してください。
・日時:3月4日(土)14:00~16:00
・講師:沼田里衣 音遊びの会代表
・対象:どなたでも(音楽経験、障害の有無は問いません)
・定員:20名程度

※楽器はご用意しますが、ご自身でお持ちいただいても構いません。

■会場
 城崎国際アートセンター

■参加費
 無料 (※事前申込必要)

■申込み・問合せ
 城崎国際アートセンター
 0796-32-3888(9:00〜17:00 火曜休館)
 info@kiac.jp
 メールの場合は、①お名前、②人数、③参加を希望する回、④お電話番号を明記してください。
 ※託児サービス有。申込みは、各回の1週間前までに城崎国際アートセンターへ。

© 2013 Kinosaki International Arts Center