公演・イベント

前へもどる

作品を観る

イベント日程:2019/12/26(木)19:00~

NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
【Dance Camp vol.3 クリエイション&ダイアローグ・ワークショップ byディーン・モス&余越保子】
成果発表

2019/10/29

 ダンスと社会をむすぶ活動を実践するNPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワークによる、振付家・ダンサーのための育成プログラム。城崎でのレジデンスではこの育成プログラムの一環として、経験と実績のある振付家を講師に迎え、そのファシリテートのもとで対話を重視した合宿形式のワークショップ「Dance Camp vol.3」を実施します。
 
 今回は、ダンス/パフォーマンス作品を制作している振付家・映像作家・音楽家・美術家・ダンサー・パフォーマー等で編成された4組15名が参加し、各自持ち込んだ作品のクリエイションを行います。講師/ファシリテーターは、ニューヨークより実験的な試みを追求する先駆的作家として90年代より作品を発表し続けてきたふたりのアーティスト、ディーン・モスそして余越保子。

 滞在期間中にはショーイングを一般公開し、観客との交流やフィードバックを通して、社会におけるダンスの在り方について考察する機会を設けます。レジデンス終了後には最終の成果発表を開催するなど、次世代の育成や作品の創作環境といった、現在の日本のコンテンポラリーダンスを取り巻く状況や課題の顕在化と議論を促進します。


■講師……プロフィールはリンク先へ!
ディーン・モス(インターディシプリナリィ振付家、メディア作家)
余越保子(演出・振付・映像作家)


■参加グループ(全4チーム)
・黒田健太(ダンス・アーティスト)

 クリエイション作品:「Invisible Circus」
 メンバー:新井海緒(ダンス・音楽)、
 檜皮一彦(現代美術・映像・写真・彫刻・パフォーマンス)
・敷地理(振付家・演出家・美術家・パフォーマー)
 クリエイション作品:「輪郭の零度、液状化するくつろぎ」ー最もくつろぐ為の振付、最も拘禁状態の為の振付とは何かー
 メンバー:小松菜々子、仁田晶凱、早川葉南子、茂木美佑(ダンス)
・デツ禎稀(演出家・振付家・ダンサー・役者)
 クリエイション作品「十月十日(仮)」
 福⽥有司、畑中良太 (パフォーマー)
・サム・マギルップ(メディア・アーティスト)
 メンバー:ハリソン・ホール(振付家・ダンサー)、益川結子(振付家・ダンサー)、植村真(演劇)


NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
Dance Camp vol.3 クリエイション&ダイアローグ・ワークショップ
byディーン・モス&余越保子 成果発表


■日時:2019年12月26日(木)19:00~
■会場:城崎国際アートセンター
■料金:観覧無料(※事前申込必要)
■観覧申込:
 電話またはメールで下記までお申し込みください
(イベント名、お名前、人数、連絡先をお伝えください)
 城崎国際アートセンター 
 TEL 0796-32-3888(受付9~17時 火曜休館)
 e-mail info@kiac.jp
■託児サービス:
 ご希望の方は12月19日(木)までに城崎国際アートセンターへお電話でお申込みください。
 (対象:満1歳〜就学前までのお子様)

INFORMATION

Dance Camp vol.3 
クリエイション&ダイアローグ・ワークショップ by ディーン・モス&余越保子
開催クレジット

コンテンポラリーダンス・プラットフォームを活用した振付家育成事業 Dance it is!!
www.dance-it-is.com

文化庁委託事業「2019年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」 
主催:文化庁、NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
共催(企画・制作): Dance Camp Project 水野立子

© 2013 Kinosaki International Arts Center