公演・イベント

仕事に参加する

イベント日程:2014/9/1(月)~2014/9/7(日)

城崎国際芸術夏季大学 第3弾
セルフビルド体験ワークショップ
~劇場から舞台美術まで~

2014/09/04

もとは大きな会議場だった建物をリノベーションしてアーティスト・イン・レジデンス施設によみがえらせ誕生した城崎国際アートセンター。アーティストが滞在し、空間と呼応しながら、ここでしかできない作品作りをするには?城崎国際アートセンターでは、そのような問い...[ 詳しく見る ]

話を聴く

イベント日程:2014年8月29日(金)-31日(日)

城崎国際芸術夏季大学第2弾          新しい演劇人<ドラマトゥルク>養成プログラム    企画を構想する 企画の枠組みを構想する

2014/09/01

城崎国際アートセンターは、舞台芸術のアーティスト・イン・レジデンス(アーティストの滞在制作)施設として、舞台芸術研究に力を入れ、講師を招いてサマースクール形式の講座を開設します。

演劇の研究と現場を往復し、劇場と市民をつなぐためのさまざまなプロ...[ 詳しく見る ]

作品を観る

イベント日程:2014/8/23(土)14:00開演 2014/8/24(日)14:00開演

福島県立いわき総合高校 演劇部/豊岡公演
『あひる月13』

2014/09/01

「いつもの教室、いつもの日常、様々な人が様々な形でそこに生きている。そんな様々を切り取ったこの作品は、2013年のいわきに住んでいた私たちのリアル、です。」  

福島県立いわき総合高校は、福島県の南部沿岸に位置する「いわき市」にあります。東北で...[ 詳しく見る ]

話を聴く

イベント日程:2014/8/17(日)17:00~

「~ルーマニアからようこそ~ アーティストをかこんで」 Eastern Connection滞在制作 関連プログラム

2014/08/14

「Eastern Connection(fromルーマニア)」プロジェクトの皆さんが滞在制作を8月16日(土)~21日(木)行います。
関連プログラムとしてトークイベントを開催します。
ルーマニア人のコスミン・マノレスクさん、ミハエラ・ドンチさん...[ 詳しく見る ]

話を聴く

イベント日程:2014/8/6(水)16時~

鈴木ユキオPROJECT              新作滞在制作アーティストトーク

2014/08/05

ダンスカンパニー「金魚」主宰で、世界各地で活躍中のダンサー/振付家の鈴木ユキオさんと、アメリカ人作曲家のウエイン ホービッツさんが新作のための滞在リサーチを8月5日(火)~7日(木)行います。
関連プログラムとして、アーティストトークを開催いたしま...[ 詳しく見る ]

技に触れる

イベント日程:2014/8/2(土)13:00~17:00 8/3(日)9:30~12:00

平田オリザin豊岡 高校生演劇特別ワークショップ

2014/07/20

演劇未経験者、初心者から創作を目指す高校生まで、誰でも楽しめる基礎講座です。身体表現力・コミュニケーション能力を伸ばす、演劇入門ワークショップです。平田オリザさんの指導を受けられるまたとない機会を活かし、演劇の楽しさを味わい、新しい世界に飛び出そう!

話を聴く

イベント日程:2014/7/20(日)14:00~(イベント終了しました)

小野寺修二×片桐はいり トークショー【終了しました】
(Dance New Air 2014 参加作品『赤い靴』滞在制作 関連プログラム)

2014/07/16

7月のアーティスト・イン・レジデンス2組目!
Dance New Air 2014 参加作品『赤い靴』滞在制作 関連プログラム
小野寺修二×片桐はいりトークショー、緊急開催決定!

ダンスフェスティバル「Dance New Air —ダンスの...[ 詳しく見る ]

作品を観る

イベント日程:2014年7月13日(日)14:00~※満員御礼につきご予約受付を終了しました。

劇団衛星『珠光の庵~遣の巻~』 
試演会+ワークインプログレスミーティング

2014/07/02

京都発!お茶会演劇。
城崎から世界へ。

城崎国際アートセンターにて『珠光の庵』インターナショナル・バージョンを滞在制作!

≪あらすじ≫
侘び茶の祖・村田珠光が一休宗純の元に身を寄せていた頃。珠光は華やかな闘茶の世界に身を置きながら、し...[ 詳しく見る ]

作品を観る

イベント日程:2014年7月11日(金)14:00~※満員御礼につきご予約受付を終了しました。

劇団衛星『珠光の庵~真の巻~』

2014/07/01

京都発!お茶会演劇。
城崎に登場。

≪あらすじ≫
侘び茶の祖・村田珠光が一休宗純の元に身を寄せていた頃。珠光は華やかな闘茶の世界に身を置きながら、しかし常に満たされぬものを感じていた。一休のトンチと寺を訪れた将軍の存在、まぶたの君である小夜...[ 詳しく見る ]

© 2013 Kinosaki International Arts Center