ブログ

前へもどる

2016年9月22日

KIACインターンによるてがみ座滞在制作レポートその3

「稽古2日目」【2016年9月21日】
稽古2日目のてがみ座の皆さん。昨日も浴衣で稽古をしています。夕方には舞台監督を務められる、杣谷昌洋さんも城崎に到着。今日が公開リーディングということもあり、稽古にもさらに熱が入ります。
演出家の扇田さんによって彩られる《燦々》の世界。私は、台本と役者さんの演技を照らしながら「ここのシーン、こんな表現で再現するんだ!」と驚かされています。
また、舞台監督の杣谷さんによって半透明のスクリーン(写真をご覧ください)が設置されたのですが、これらはどのように反映されていくのでしょう…?乞うご期待!

img_4942
dscf1190
そして2枚目の写真、和紙が貼られたステキな作品。明かりを入れるとさらに美しく幻想的で素敵だなと思って見ていたのですが…
なんと城崎の街を散策していたら同じものを発見しました!!こんな風に城崎のものを取り入れながら練習しているんですね。

ここで今日9月22日のお知らせを。
17:00から美術家の杉山至さんの「間のワークショップ」
19:30からは公開リーディング&トークが開催されます。
特別な機会になりますので皆様ぜひご参加ください。
また、てがみ座の皆様からのインタビューを掲載したパンフレットを配布しますのでお手にとっていただければ幸いです。
滞在制作も折り返しを迎えました。
長田さんから書きあがった台本を頂くたび、お栄を取り巻く物語がどんどん進展していき結末へどう向かっていくのか、今からとても楽しみです。
(インターン生 勝又)

© 2013 Kinosaki International Arts Center