ブログ

前へもどる

2020年4月10日

【お知らせ:2020年度AIRプログラム/An announcement regarding the 2020 AIR Program】

贅沢貧乏の「持ち物チェック(10周年ジャーニーに向けて)」滞在制作の見送りについて

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界規模での感染拡大を受け、
2020年4月18日(土)~5月3日(日)の期間予定していました、2020年度AIRプログラム:贅沢貧乏の「持ち物チェック(10周年ジャーニーに向けて)」滞在制作につきまして、
劇団とKIACで協議した結果、今回の滞在制作を見送ることとなりました。

劇団からのアナウンスは下記のリンクよりご覧いただけます。
贅沢貧乏ウェブサイト

 

今後事態の収束が見込めましたら、滞在制作日程の振り替えの可能性に関して両者で相談をしまして、
決定次第、当ウェブサイト等にてご案内させていただきます。

 

滞在制作、オープンスタジオを楽しみにされていた皆さまには、ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

城崎国際アートセンター


This announcement is concerning the postponement of ZEITAKU BINBOU’s “Checking Belongings (Towards the 10th Anniversary Journey)” production stay period.

In response to the global outbreak of coronavirus disease (COVID-19), the matter of the 2020 program ZEITAKU BINBOU – “Checking Belongings (Towards the 10th Anniversary Journey),” scheduled from April 18th (Sat) ~ May 3rd (Sun), 2020, was discussed by both KIAC and the theater company, with us ultimately deciding to postpone this residency stay for now.

Please see the theater company’s official statement in the link below.
ZEITAKU BINBOU’s Website

Both parties are consulting over the possibility of changing the dates of the residency stay period once the situation can be expected to return to a state of normalcy in the future. We will be informing you about it on this website once it is decided.
We are sorry to inconvenience all those who were looking forward to the open studio during this production stay, and ask you for your understanding and cooperation.

Kinosaki International Arts Center

 

© 2013 Kinosaki International Arts Center