ブログ

2014年9月14日

いよいよ明日、豊岡エキシビジョン2014@渋谷に平田オリザ、イレーヌ・ジャコブが登場!

20140914105547021_000120140914105605563_0001

明日9月15日(月祝)からいよいよ渋谷ヒカリエにて、”舞台芸術が生まれるまち「城崎温泉」”を発信する豊岡エキシビジョン2014が開催されます。

明日は、現在城崎国際アートセンターに「アンドロイド版『変身』」の制作で滞在中の平田オリザさん、イレーヌ・ジャコブさん(カンヌ国際映画祭の女優賞を受賞、『変身』出演)、ジェローム・キルシャーさん、そして豊岡市長が城崎国際アートセンターや芸術文化が生まれるまち城崎温泉について思いを語ります。

関東方面の方はぜひお運びください!!

特設サイトはこちら→http://www5.city.toyooka.lg.jp/exhibition/

 

INFORMATION

豊岡エキシビジョン2014@渋谷ヒカリエ
(9/15,16,17)

9月15日(月)のProgram
【浴衣ワークショップ】13:00-13:50
〜湯上がりの温泉街を浴衣で歩こう〜
明神慈(演出家)
温泉街で浴衣を粋に着こなすためのワークショップです。
※受講者は12:00から着付け
※受講を希望される方は当日11:00から受付けます(15名限定)
受付場所:aiiima

【プレゼンテーション】14:00-14:30
〜失われた大切なものを取り戻す〜
中貝宗治(豊岡市長)
【新作能】14:35-14:45
「田道間守」特別版
田茂井廣道(能楽師)角当直隆(能楽師)

【トークショー】14:45-16:15
〜舞台芸術が生まれるまち「城崎温泉」〜
平田オリザ(劇作家・演出家)×イレーヌ・ジャコブ(女優)×ジェローム・キルシャー(俳優)×中貝宗治(豊岡市長)

※豊岡エキシビジョン2014は全3日間の開催です。

城崎国際アートセンターのPR映像ができました!

城崎国際アートセンターは、開館して5ケ月目をむかえました。

城崎国際アートセンターのPR映像が完成!

アドバイザーである平田オリザさんが城崎国際アートセンターに期待することとは・・・?!

日本劇作家大会2014豊岡大会の様子もたくさん映っており、にぎわいを感じていただけるのではないでしょうか。

ぜひご覧ください!

(映像作成: 豊岡市)

 

 

INFORMATION

豊岡エキシビジョン 
9月15・16・17日 渋谷ヒカリエにて開催!!

豊岡エキシビジョン特設サイト↓
http://www5.city.toyooka.lg.jp/exhibition/

2014年8月13日

鈴木ユキオPROJECT滞在レポート!

【滞在レポート】
8月5日~8月7日、来年度の滞在制作に向けて、リサーチのために鈴木ユキオPROJECTの皆さまが城崎国際アートセンターに滞在されました!

今回の滞在メンバーは振付家/ダンサーの鈴木ユキオさん、作曲家のウェイン・ホービッツさん、ダンサーの安次嶺菜緒さんです。

DSC_1819

今回の滞在では、来年度城崎で作品を創るためのインスピレーションを得るために、城崎温泉街はもちろん、玄武洞や竹野浜などを見て回られました!

竹野浜にて↓ 朝は雨が降っていましたが、晴れました!

写真 1

 

写真 2

ちなみに下の写真の中央で水しぶきをあげて泳いでおられるのはウェインさんです。

写真 3

下記から、このプロジェクトのアメリカ公演の様子が見られます。
http://55musicanddance.wordpress.com/

鈴木ユキオさんのカンパニー金魚のFacebookはこちら↓
https://www.facebook.com/YukioSuzuki.company

来年度はいよいよ城崎で!作品づくりが始まります!滞在が今から楽しみです。

(スタッフH)

2014年7月22日

小野寺修二×片桐はいりトークショーを行いました!(Dance New Air 参加作品 『赤い靴』滞在制作 関連プログラム)

7月20日(日)14:00~、小野寺修二×片桐はいり トークショーを行いました!

本トークショーは、2014年9月に青山円形劇場にて世界初演をむかえる、Dance New Air 参加作品『赤い靴』の滞在制作で現在城崎国際アートセンターに滞在中のお二人によるトークショーです。トークは、はいりさんが5年前に但馬に弾丸一人旅をされたときのお話から始まり、参加者の皆さまも興味津々!後半は中貝豊岡市長も対談に加わり、城崎国際アートセンターが出来た経緯や、市長のおすすめの豊岡スポットなどの話題で盛り上がりました。小野寺さんが「どうしても作品制作をしていると稽古場にこもってしまいがちだけれど、まちの方に稽古を観ていただくことは大歓迎!まちにもどんどん出ていこうと思いました」と言ってくださったのがとても印象的でした。小野寺さん演出のDance New Air 参加作品 『赤い靴』滞在制作の皆さまは、7月末まで滞在予定です。

Dance New Air 2014ウェブサイト:http://dancenewair.jp/

 

photo1

写真左端から、城崎国際アートセンター岩崎館長、片桐はいりさん、小野寺修二さん、中貝宗治豊岡市長。

photo6

2014年7月14日

Call for AIR

Thank you for the applications. Please wait for the notification.

Call for the Application for AIR program 2015 fiscal

Kinosaki International Arts Center offers an Artist-in-Residence program in fiscal 2015. After focusing on “the diversity” in 2014 edition and having a lot of responses, on this time we will advance to the next stage to feature on the programs expected a great success on international, regional, pioneer point of view and that of potential.

Period of stay From July 1th 2015 to March 31th 2016 (For a minimum of three days and for a maximum of three months)

Application deadline 23:59 of July 22th, 2015 (This deadline is final. Late applications will not be considered in any case.)

Notification Between the end of August and the beginning of September

Activities-Various level of the creation of contemporary arts mainly focusing on performing arts can be acceptable in Kinosaki International Arts Center. The Artists will participate in the exchange programs such as lecture, Workshop and trial performance to contribute the artistic experience to the local residents and tourists.

-The aim of accepting those activities above is to appeal Kinosaki when the artists will present the works which they create in  Kinosaki International Arts Cetner in other cities in the world.

-The activities should be enough realizable on the program, financial condition scale and manpower.

-The activities expected a great success on international, regional, pioneer point of view and that of potential.

-The activities for the classes of adult education, charity events, activities which profit a specific group or individual and  performing tour without the creation in Kinosaki will not be acceptable.

SupportKinosaki International Arts Center will supports the artists to provide its main hall, studios, residences(7 guest rooms/3 Japanese style rooms and 4 western style rooms) and other facilities with no charges and accommodation fees.

ScreeningThe judges (4 outside experts) and staff in Kinosaki International Arts Center will screen all applicants. The process of the screening is closed but a hearing to the applicant may be done if it is needed.

How to applyApplicants are required to submit the items listed below by e-mail (to info@kiac.jp) by23:59 Japan standard time of the due date. The application should be done basically by e-mail. The application facilities must reach to Kinosaki International Arts Center in case the application is done by post. Please title “Application for the AIR program” and follow the instructions detailed when filling in applications.

(1) An application form

(2) A curriculum vitae

(3) A documents which shows the achievement so far such as articles on the newspaper or magazines, reviews or letter of     recommendation from proper person.

(4) The planning paper and photos or videos to show the outline of the project during the stay in Kinosaki International Arts Center. The planning paper and photos should be up to 5 pages and video up to 5 minutes. All these items needs to be online and sent by a e-mail.

Application Requirements(1) The individual artist or group of artists who can stay in Kinosaki International arts center for  their artistic activities for a minimum of three days and for a maximum of three months.

(2) The artist should be able to speak and understand basic Japanese or English daily conversation. Or the artists should cover the fee of the interpreter.

(3) The artist should be independent, and capable of working and living on his or her own. Or the artists should cover the fee of the  helper.

(4)The artist should be able to communicate with local people, including organizing the exchange program.

(5)The artists should follow the regulation of Kinosaki International Arts Center and in case of violation, they have to accept to pay  the penalty.

(6)The artist should cover the travel expense for round trip, living expense and production expense.

Kinosaki Interanational Arts Center is a center for the creation of the performing arts. As we are mainly focus on the creation, the showing organized as a part of the Artists- in-Residence activities, have to be free of charge and they should be formed to share the process of the work.

*About the exchange program Prospered with many tourists as one of leading hot springs in Japan, Kinosaki (in Toyooka city, Hyogo Prefecture) is a uniquely cultured town where 3000 inhabitants have specific way of life as most of them are involved in tourism, at the same time they daily accept the tourists from various cultural background. As symbolized by the novel titled “Kinosaki nite”(At cape Kinosaki) of Japanese writer Shiga Naoya who came and stayed in Kinosaki and made it blockbuster later, citizens of Kinosaki is proud to support the artists. Along with the name of Kinosaki, “branding by artistic activities” is a challenge to the future of Toyooka city, which tries to be a “small world city” and it is the purpose to establish Kinosaki International Arts Center to support the Artists-in-Residence activitiesin this city. Therefore the aim of the exchange program is the introduction for the citizens about what they are supporting.

JudgesOriza Hirata (playwright, director, artistic director of Seinendan theater company)

Norikazu Sato (executive director of Japan Contemporary Dance Network)

Chiaki Soma (ex-program director of Festival/Tokyo)

Chieko Kinoshita (associate professor at the Osaka University Center of the Study of Communication-Design)

CopyrightArtist retains copyright of his or her works. However, Kinosaki International Arts Center reserves the right to record (photo, film, etc.) these works and the copyright of these archival recordings is owned by Kinosaki International Arts Center. It also retains the right to use any such records for publicity purposes.

Apply toKinosaki International Arts Center1062 Yushima Kinosaki-cho Toyooka Hyogo, 669-6101 Japan Kinosaki International Arts Center is organized by: Community Art Center Platz

Address & InquiryKinosaki International Arts Center1062 Yushima Kinosaki-cho Toyooka Hyogo, 669-6101 Japan TEL +81(0) 796-32-3888 e-mail info@kiac.jp

2014年7月10日

劇団衛星、滞在制作スタート!

城崎国際アートセンター 7月の滞在アーティスト1組目、 劇団衛星の皆さまが城崎に到着されました!!

写真は、いただきます!の直前の劇団衛星の皆さまです。滞在アーティストの皆さまには、キッチンをご自由に使って自炊していただけます。 また、今日は城崎温泉の旅館「きんすい」の大将様より、劇団衛星の皆さまへはまぐりを差し入れしていただきました!ありがとうございます!!

10417660_671339309613216_7761289901605617087_n (1)

2014年7月7日

2015年度レジデント・アーティスト募集中

多数のご応募ありがとうございました。受付を終了いたしました。

城崎国際アートセンターでは、 2015年度レジデント・アーティストを 公募しています!!

 

城崎国際アートセンターは、温泉街に位置するパフォーミング・アーツ(舞台芸術)を中心とした創作活動の拠点です。日本文化・風情の薫り高い「温泉」と但馬地方(兵庫県北部)の豊かな自然環境の中で、日常から解き放たれて、じっくりと芸術創造活動に取り組みたいアーティストの皆様をお待ちしております。

城崎国際アートセンターでは、2015年度レジデント・アーティストを公募しています。施設のオープン初年度は、施設の、そして城崎という地域の持つあらゆる可能性を探るため「多様さ」をテーマに公募を行い、予想を超えた様々な分野、国・地域、キャリアのアーティストの皆様からのご応募をいただきました。

2015年度レジデント・アーティスト公募では、ご応募いただくプロジェクトの国際性、地域性、先駆性、将来性を重視し、選考いたします。そのような価値を持った作品や芸術活動を通じて、アーティストを迎え入れ、送り出す城崎のまちの素晴らしさを世界に発信していくことが、城崎国際アートセンターの使命です。

たくさんのご応募をお待ちしております。  プログラム・ディレクター 西山葉子

 

対象期間

2015年7月1日(水)~2016年3月31日(木)

 

応募締切

2014年7月22日(火)23:59まで必着

 

選考結果発表

2014年8月下旬~9月上旬ごろ予定(応募者全員に選考結果をご連絡します。)

 

公募する活動

・舞台芸術を中心とした同時代の芸術の創造に関わる活動

・城崎で行われた芸術文化活動を城崎の名とともに国内外に発信するアートプロジェクト

(アーティストの創造活動やリサーチはもとより、関係者によるレクチャー、シンポジウム等も可)

・実現性が確保されている活動

(過去の活動実績制作・実施体制、予算計画、活動規模、スケジュール、進行管理の方法が
/妥当だと判断される活動)

・国際性、地域性、先駆性、将来性のいずれかの点で優れた成果を期待できる創造活動

《国際性》普遍的な価値を積極的に日本国内外に展開する展望を持つ作品や活動

《地域性》城崎と他地域を結び付け交流を生み出すことに貢献する作品や活動

《先駆性》新たな発想や手法によって舞台芸術が社会に果たすこれまでにない役割を示す作品や活動

《将来性》これからの収斂によって未来の舞台芸術にインパクトを与えることが期待される作品や活動

 

※公募しない活動

・カルチャースクール、学生サークル、同好会等(ホール、スタジオの有料での施設利用は可)

・慈善事業への寄付を主な目的とするもの

・成果の還元もとが特定の団体・組織に限られる活動

・すでに企画制作されたパッケージを購入するいわゆる「買取公演」「招へい公演」

 

活動支援

活動にかかる以下の費用を免除します。

(1)   城崎国際アートセンターのホール、スタジオなど希望する施設の使用料

(2)   城崎国際アートセンターのレジデンス(=宿泊施設。合計で28名まで宿泊可能)の使用料

 

選考方法

選考委員会(選考委員4名と城崎国際アートセンター・スタッフによって構成)により、応募資料にもとづき選考します。

選考の過程でヒアリングをさせていただく場合があります。選考過程は非公開です。

 

応募内容

件名に「2015年度レジデント・アーティスト応募」とご明記の上、(1)~(4)をすべて添付しご送信ください。

(1)応募申請書

(2)申請者調書

(3)これまでの活動実績を示す資料

(過去の広報媒体、新聞・雑誌などの記事、批評・評論)もしくは推薦者署名入りの推薦文

(4)過去の芸術活動の傾向や滞在中の活動計画が分かる企画書と写真または映像資料

(企画書は5枚以内、映像は5分以内でオンラインで視聴できるフォームのURLをお知らせ下さい)

 

応募方法

城崎国際アートセンター(info@kiac.jp)あてにe-mailにて締切日23:59までに必着

件名に「2015年度レジデント・アーティスト応募」とご明記ください。

※原則としてe-mailのみのご応募としますが、郵送でのご応募の場合締切日必着。

※ご応募いただいた方には受付完了確認のメールをお送りします。応募後2日以内にメールが届かない

場合は城崎国際アートセンターまでお問い合わせください。

 

応募資格

(1)最短3日から最長3か月の範囲内で城崎国際アートセンターに滞在し活動できる個人・グループ

(2)日本語ないし英語でコミュニケーション可能なこと。

それ以外の言語での通訳が必要となる場合は通訳者にかかる費用を自己負担できること

(3)心身共に健康で、日々の食事の準備、洗濯、掃除など個人の生活に関わる身の回り管理を自身で

手配できること

(4)「地域還元プログラム」の一環として、地域住民や観光客、市民との交流活動を行えること

(5)城崎国際アートセンターの滞在や制作に関わる規約を順守し、違反した場合は罰金や社会的制裁を

受け入れる旨の承諾書を責任者が取り交わすこと

(6)城崎国際アートセンターまでの渡航費、交通費、生活費作品制作にかかる報酬や経費を自分で

調達できること

※滞在制作した作品の成果発表の有無は選考に関わりませんが、城崎国際アートセンターは「稽古場施設」であり「劇場」ではないため入場料を徴収する興行は公募の対象となりません。ワークショップやレクチャー等の教育普及活動はその限りではありませんが、参加者から費用を徴収する活動を行う場合、または成果発表を目的としない活動であっても創作の過程で市民の参加者を広く募集する場合は、そのための広報費、事務局管理費等を申し受けます。

■地域還元プログラムの考え方

城崎(兵庫県豊岡市)は日本有数の温泉地として多くの観光客でにぎわい、多様な文化に彩られたまちであり、人口約3000人の多くが観光に関わる職業に従事、ないし従事する家族を持つ、独特な文化を持ったまちです。日本の文豪・志賀直哉が城崎に滞在し執筆した小説「城の崎にて」がのちに大ヒット作となったことに象徴されるように、城崎の市民が誇りとし、守りぬいてきた文化に賛同し、滞在中の活動やそこから生まれた作品を城崎の名とともに、広く世の中に発信し「芸術活動によるブランディング」を行うことが、「小さな世界都市」を目指す豊岡市の未来への挑戦であり、城崎国際アートセンターを設立し、まちを挙げて芸術活動を支援する目的です。アーティストの城崎での活動を紹介し、城崎および豊岡の市民に応援していただけるようなきっかけを作る活動を「地域還元プログラム」と呼んでいます。

 

選考委員

平田オリザ (劇作家・演出家・青年団主宰)

佐東範一(NPO法人Japan Contemporary Dance Network代表)

相馬千秋(フェスティバル/トーキョー前プログラム・ディレクター)

木ノ下智恵子(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任准教授)

 

著作権

滞在中の活動や滞在制作した作品に関わる著作権は、公募プログラム参加者に帰属しますが、城崎国際アートセンターの広報に関する写真の利用、情報提供にご協力ください。

 

ご応募・お問い合わせ

城崎国際アートセンター

〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島1062

TEL.0796-32-3888 (9:00~17:00/火曜休館)

e-mail info@kiac.jp

 

© 2013 Kinosaki International Arts Center